余ったパーツでバイクを作る(予算は1万円)

あむちょです。

108ある趣味の中でも一番熱中したバイクの話。

PR アプリ作ってます

4年前、友人のために作ったバイクが、諸事情により我が家に戻ってきました。

bike

予算が1万だったので、余ったパーツと解体屋の部品とゴミで構成されてます。

部品構成

 エンジン  ノーティーダックス
 フレーム  CB50
 足回り  XE50
 タンク、シート  ゴリラ
 ヘッドライト  ジョルノクレア
 テールランプ  モンキー
 キャリア  エイプ

と、てんでバラバラです。基本ホンダ車の部品と、稀にヤマハで構成されています。

battery

電装系は、電子部品屋で売られてたバッテリーと、解体屋でおまけでもらったヤマハ製レギュレートレクチファイアで12V化。キャブレターはPC20。

ちょろっと写っているマフラーステーは、KTCのメガネレンチです。

tanku

タンクはそのままだとフレームと干渉するので、ステーで延長してむりくり止めてます。

sabi

2年間乗ってなかったとのことなので、各部サビサビ。

そこでバイクをいじる人の必需品、

ピカール

pikal

こいつを布に少量しみ込ませて磨くと、ピカピカにナール。金属用で、プラスチックにはむきません。

くせになる臭いで、1本使い切るころには立派なピカール中毒者です(通称ピカ中)。

headlight

メッキが曇ってしまったヘッドライトも、ピカールで磨くこと数分。

after

ピカピカです。

さすがにタンクのようなでかい部品を手で磨くのは疲れるので、電動工具に頼りました。

タンクやシートを外しワックスがけ、金属部品をピカールでピカピカに、

これを私は洗車と呼ぶ。

コメント