CBR1000RR SC59の細かいカスタム色々

あむちょです。

またサボリはじめる前に、バイクの細かいとこのカスタムを紹介。

PR アプリ作ってます
ad maruta

目次

年間1000kmも乗らない盆栽用バイクのcbr1000rr。

cbr1000rr sc59 cosutom

たいして乗らないのにそこそこいじくってあるので、まずは細かいとこから紹介。

転ばぬ先の杖、スライダー類

初大型バイクに取り回しと足つきの悪いスーパースポーツを選んでしまったので、精神衛生のためにスライダーの取り付け。

slider

Baby Face製のスライダーです。sc59は倒れるともろにクランクケースが削れるのでこれは必須。

babyface slider

国内仕様の騒音対策カバーを取り外す必要があるけどついでに熱対策もできていいかと。

アンダーカウルとサイドカウルを外さないと取り付けできません。TSRの動画が参考になります。

アクスルシャフトにはR&Gのスライダー

rd slider

当然ながら後輪にもR&Gのスライダーを取り付け。

rg slider rear

後輪は特にスイングアームが削れるので必須です。

お次はラジエーターガード。

rajater gard

スーパースポーツの凄まじい熱量を冷やすためにラジエーターが大きめ。そのラジエーターが小石でボコボコになる前にガード。

写真はエキパイのガードも取り付けてます。

スーパースポーツ系はR&Gといった海外パーツメーカーのほうが国内パーツメーカーより盛んなきがします。

操作性の向上

スポーツ系の前傾姿勢を強いられるバイクは太ももでタンクをしっかり挟んでニーグリップしないと手首がやられます。

そこで一番のおすすめストンプグリップ

stompgrip

見た目の気持ち悪さから、つけるかどうか小一時間迷ったけど効果は絶大。しっかりニーグリップできるので手首の疲労度が全然違います。

加速やブレーキの時もしっかり踏ん張れるので、見た目を犠牲にしてでもつけるべきですね。

お次はBaby Face製スピンドルホルダー。

supindle holder

バックステップ系のバイクだとシフトペダルからリンクを介してシフトドラムが操作されるので、これでたわみを抑えてスコスコシフトが入るようなります。色はゴールドだけど、茶色に近いお上品な色してます。

Weblike商品ページ

現代装備のスマホホルダー。

sumaho holder

自作のアプリを表示する際に使ってます。

がっちりロックできるのでまず外れて落ちるなんてことはないです。取り付けパーツが3個に分かれているので、場所が位置の自由度が大きぶんお値段お高め。

sc59はコストダウンのためかクラッチアジャスターがロックナットではなく板バネが使われてるせいで、クラッチを握るたびにアジャスターが動いて切れがなんとなく悪そうだし目障り。

そこでTSRのクラッチアジャストロックナット。

tsr locknatto

ただのアルマイトのかかったナットです。2000円ほどしますが本来あるべきものです。TSRクラッチアジャストロックナット商品ページ

お次はメンテナンススタンド用のフック

racing huk

困った時のとりあえずヨシムラです。スイングアームもちょっとぐらい守ってくれそう。

ついでにオイルキャップもヨシムラです。

yosimura

ほかにもフルパワー化といった大掛かりなカスタムもしてますが、また後日。

そこそこ手が加わっているが、

年間の走行距離は1000km

コメント