LINEスタンプのリジェクト事情

しょうこです。

昨年「現実逃避すたんぷ」を出したのですがいくつかリジェクトされたものがあります。

そのリジェクト理由とお蔵入りスタンプを公開!

PR アプリ作ってます
ad maruta

2015年2月申請のスタンプから収益の分配率が50%→35%に変更されるということで、

みなさん出すなら今のうち。今月中ですよ。

 

ちなみにfieldWalkingから出す予定は今のところありません。

現実逃避すたんぷのシリーズ化予定もないので今ある現実逃避くんを愛でてあげてください。

このスタンプ、販売開始前に4つほどリジェクトされました。

みんなの知らない現実逃避くんをどうぞ。

 

暴力的表現のためリジェクト

 

reject1reject5

どちらもお気に入りでしたが

「人や動物の殺傷、撃たれる、刺される、拷問等の現実的なイメージを描いたもの」

に該当したためリジェクト。銃口を向けるだけでもダメなのね。

 

著作権的に怪しいからリジェクト

 

reject2 reject3

 

この2つは

「権利の所在が明確でないもの(二次創作など)」に該当していました。

I WANT YOUの方はアンクル・サムのパロディーで著作権的には問題ないのです。

おそらく、審査する人が調べないと問題かどうかわからないものはとりあえずリジェクト

というスタンスなのかなと思います。

販売が遅くなるリスクを負ってまでパロディーにこだわる必要がないなら、

はじめから抜いておくのが得策です。

 

二枚目は完全にパックマンです。

スタンプのさらに画面の中の約2mmなんて誰も見ないだろうと思っていました。

たかだか2mmでも識別できてしまうパックマンという素晴らしいキャラクター。

これは完全に私のミスです。見逃してはもらえませんでした。

そして、リジェクトの通知が来て3日後くらいに修正したものを再審査してもらい、

1,2週間後に発売されました。

 

当時は本気で現実から逃げたくて描いていましたが逃げずに完成させてよかったです。

代表作が現実逃避すたんぷというのもいかにも私らしいと思います。

ここまで書きましたがみんな逃げちゃええええ!

コメント